仲介手数料無料!福岡で不動産の売却・購入するならベストバランスへ

株式会社BEST BALANCE

営業時間9:00~18:00

お問い合わせ

menu

ブログ

【古家付き土地の売却】解体しない方が良い理由

相続した土地建物を売却する時、古家を買いたいして更地にした後売却しようか悩まれている方がいます。

 

その場合、古家は解体せずにそのままで売却される事をおすすめします。

 

なぜなら、古家があった方が売りやすいからです。

古家をリフォームして賃貸で貸したいと考える方は更地を購入しません、

また再建築ができない土地の場合、取り壊してしまうと相当安い金額でないと売れなくなってしまいます。

 

税金の面からも建物はそのままにしておいた方が良いです。

 

取り壊すと固定資産税が高くなったり、相続した土地建物だと、3000万円控除が使えるのに先に取り壊してしまったばかりに使えなくなったりするからです。

 

解体するのは、購入者が見つかってからでも遅くは無いです。

解体せずに売った場合、契約不適合責任が気になる所ですが、免責に契約でできますので、不安なく売る事ができます。